Menu

交通事故に関する嘘とそれを証明する方法

交通事故の加害者は、たまに嘘を付いている事があります。信号の色や視界や一旦停止に関する証言など、色々ありますが、嘘をついたとしても、罪に問われない事も多いです。しかし慰謝料に影響する可能性があります。事故当日の現場撮影やメモ取りなどは有効ですが、それが困難だった時は、警察の記録やドライブレコーダーで嘘を実証できる場合があります。

事故の後に加害者が嘘を付く

交通事故の被害者は、加害者から慰謝料が支払われている事も多いです。治療費なども支払われる訳ですが、稀に加害者の主張が食い違っている事もあります。その理由の1つは、減刑です。事故の内容によっては、加害者側が処罰される事もあります。

被害者に後遺症が残ってしまった時などは、処罰される事も多いです。それで不利益が生じるのを防ぐ為に、虚偽の証言をするケースもある訳です。

どのような嘘なのか

その嘘の内容も、色々あります。例えば信号の色に関する虚偽証言です。交通事故の当日は青信号だったので、被害者側は横断歩道を歩いていました。しかし何かの理由で車が侵入し、事故になるケースもある訳です。その場合、加害者側は赤信号だったと主張してくる事もあります。

それと現場の視界です。事故当日は天候があまり良くなく、視界不良だったと虚偽主張するケースもあります。それと飛び出しです。運転手は「いつも通りに運転していたものの、当日は被害者側が急に飛び出してきた」と嘘の主張をするケースもあります。

その他にも、車の停止状況に関する虚偽証言もあるのです。

たとえ嘘を付いても罪になるとは限らない

ところで交通事故に関して、上述のような嘘を付いた段階では、実は罪には問われないケースが殆どです。後述しますが、嘘であると「証明された」時には慰謝料が増える事はあります。

証明されていない限りは、たとえ有罪でも罰金刑程度になる事が多いです。交通事故の嘘によって有罪になるパターンは、主に2つあります。1つ目は金銭目的です。そもそも交通事故に関するお金は、保険がおりる事も多いです。

その保険金を多くする為に、人によっては嘘を付いている事もあります。それは詐欺罪になります。2つ目は、裁判所での証言です。裁判所には、証人が出てくる事もあります。その証人が法廷で嘘を付いた時は、偽証罪という罪に問われる事はあります。

しかし事故の当事者が嘘を付いた時は、偽証罪には該当しません。

(交通事故に遭う確率を少しでも下げるためには運気を上げましょう)

嘘が発覚して慰謝料や罪が変化する

しかし嘘が発覚した時は、話は別です。何らかの方法により、加害者の話が嘘であると証明されれば、慰謝料が変化する場合があります。というのも慰謝料には、精神的苦痛が含まれるからです。例えば加害者が信号の色に関して嘘を付いて、被害者は気持ちを害してしまったとします。

そして後日に、加害者の主張は嘘である事が証明されました。この場合は、被害者は慰謝料を増額する事も可能です。それと、罪が重くなる場合があります。その信号の色に関する虚偽証言によって、被害者は立腹しました。

それで被害者は検察官に対して、「加害者の罪を重たくしてほしい」と伝える場合があります。その結果、本来よりは罪が重くなる可能性もあります。

ドライブレコーダーの記録で嘘が発覚

では嘘を付かれた時はどうすれば良いかと言うと、主な方法は2つあります。ドライブレコーダーと警察の記録確認です。前者のレコーダーには、事故現場に関する有力な情報が記録されている場合があります。レコーダーには、録音や録画機能が備わっているからです。

いわゆるビデオのような機能ですが、その内容を確認してみると、裏取りできる場合があります。例えば、加害者側は、横断歩道は赤信号だったと主張していたとします。ドライブレコーダーの映像を見れば、信号の色もはっきり確認可能です。

青色であれば加害者側は、嘘を付いていることになります。それと現場の視界です。加害者が「当日は視界が悪くて、運転しづらかった」と主張していたとしても、レコーダーの映像で視界についてもはっきりわかります。そのため嘘であるかどうかを証明したい時は、レコーダーの記録を確認してみると良いでしょう。

警察の書類記録を確認してみる

また実況見分を確認してみるのも、有効です。交通事故が起きれば、現場には警察も駆けつけてきます。その際に警察官は、現場の状況を記録しているのです。当日の天気や車の位置など、詳細な情報が記録されています。状況によっては、加害者や被害者からヒアリングして、記録を残している事もあります。

実はその警察の記録は、被害者は確認可能なのです。わざわざ弁護士に依頼しなくても、被害者本人が申請手続きを行えば、記録を見る事はできます。その記録を細かく見てみると、加害者側の嘘が発覚する事もあります。

事故当日の現場をカメラ撮影

その他にも、嘘を証明する手段はあります。当日の撮影です。スマホカメラなどを使用し、事故現場を撮影しておくのは有効です。現場を撮影しておけば、信号の色が分かる事もありますし、視界が良好かどうかが発覚する事もあります。

色々な角度から、現場を撮影しておくと良いでしょう。ただ実際には、それが困難な事も多いです。事故当日は気持ちが動転しているので、撮影まで気が回らない事もあります。しかし加害者が嘘を付く可能性はあるので、できれば撮影しておく方が無難です。

目撃者の連絡先を聞く

また、目撃者に声をかけておく方法もあります。事故当日には、誰か第三者が見ている事もあります。その第三者による証言は、証拠になる事も多いです。事故の当事者でなく、第三者が証言しているなら、嘘を付いている確率は低いと見なされるからです。

ですから被害者としては、できれば目撃者に声をかけて、連絡先を聞いておくと良いでしょう。

加害者は正直に情報を伝えるのが望ましい

嘘が発覚してしまえば、加害者にとっては不利になってしまいます。請求される慰謝料が増えてしまう可能性もあるので、嘘を付くのは望ましくありません。基本的には、事故に関して正直に話すのが大切なことです。事故に関して正確な情報を伝えていれば、慰謝料の金額を低く抑えられる可能性もありますし、そこまで罪が重くならない事もあります。

ところが嘘が発覚してしまえば、重たい罪を科せられてしまう可能性もあるのです。上述のように、被害者が現場の状況を確認する手段は複数あります。たとえ嘘を付いても、結局は発覚してしまう実例も多いので、事故について正確な情報を伝える方が良いでしょう。

関連サイト|後遺障害弁護士 … アディーレ法律事務所