Menu

交通事故に遭う確率を少しでも下げるためには運気を上げましょう

車を運転する時は交通事故を起こすことがないように常に集中する必要があります。ただ、交通ルールを守りながら運転していたとしても、他の車に追突される場合があり、全てを防げるわけではないです。しかし、運気にこだわって日頃から上げる行動を心がけていれば、交通事故に遭う確率を下げられるので覚えるようにしましょう。

運転が得意ではなかったので細心の注意を払って運転する

運転免許を取得するために自動車学校に通って学科と技能の教習を受け、ルールや技術を身に付けました。どちらの試験も一発で合格できたものの、運転技術に関しては自信を持てなかったです。駐車が上手くできなかったり、進路変更が怖かったりなど、運転に向いていないと感じていました。

しかし、住んでいる田舎はバスや電車の本数がかなり少ないですし、自宅からバス停や駅まで距離があり、車を運転できなければ通勤でかなり時間がかかってしまうだけではなく、食品や日用品の買い物も大変です。運転が得意ではなくてもせざるを得ない状況だったので、いつも細心の注意を払って運転していました。

他人から見ると慎重過ぎるようで、親や兄弟、友達が同乗した際にもっとリラックスした方が良いとアドバイスを受けましたが、気を抜いた瞬間に交通事故を起こす可能性が高くなります。リラックスすることは大事ですが、運転している間は細心の注意を払うことの方が重要に感じています。

ですから、運転を続ける限り交通事故を起こさないため、慎重な姿勢は変えないつもりです。

2年間で3回の交通事故に遭ってしまう

交通事故を起こさないように自分なりに注意しながら運転していましたが、残念ながら2年間の間に3回も交通事故に遭ってしまいました。1回目はコンビニの駐車場に停車していた時、バッグしてきた車に前方をぶつけられました。

大雨で視界が悪かったですし、バッグをしている最中でスピードは出ておらず、衝突した時の衝撃は小さかったです。人生で初めての交通事故に大変驚きましたが、車が少しへこむ程度で体は全く問題なかったです。2回目の交通事故は、赤信号で停車している場面で後ろから追突されました。

居眠り運転でブレーキが間に合わなかったのが原因です。1回目の時よりも相手の車のスピードが出ていた分、追突時の衝撃は大きかったです。それでも、へこんだ車の後方部分を修理したくらいで、この時も無傷で終わりました。

3回目は駐車場で隣の車にドアパンチされた時です。小さい子供は思い切りドアを開けてしまうことはあるでしょうが、親がしっかりと見ていれば防げた交通事故という印象でした。新車を購入してたった2年間で3回も交通事故に遭っていたのでショックでしたし、呪われているような気がしました。

注意を払う以外の方法で対策を考える

細心の注意を払って慎重に運転していたとしても、他の車が原因の交通事故に巻き込まれる可能性から、リスクを減らすにも限度があります。しかし、2年間で3回も交通事故に遭っていた状況を変えるため、何か対策を取りたいと考えていました。

そんな時に目にしたのがテレビで放送されていたのが誕生月の占いです。1月から12月までの運勢をランキングで紹介している占いで、悲しいことにこの日の自分は最下位でした。はっきり言って占いは全く信じていませんでしたし、デタラメな内容と考えていたことから、普段なら内容を気にしていなかったです。

しかし、この時は交通事故に遭う回数が多い悩みを抱えおり、対策を考えていました。ですから、運勢のランキングが最下位だったことはとても納得できました。青色のスニーカーがラッキーアイテムと紹介されていたので、試しに身に付けて外出した結果、購入したスクラッチくじで1万円が当たったり、以前から欲しかった本を発見したりなど、嬉しくなるような出来事が起こりました。

それ以来、運気を信じるようになり、少しでも高めることを意識しながら生活しています。

運気を上げる行動を取るようになってから交通事故に遭わなくなる

ラッキーアイテムを身に付けた時に幸運が舞い込んだことで、運気を信じるようになりました。高めるために行っていることは、外出する前に必ず本日のラッキーアイテムを調べることです。残念ながらラッキーアイテムを持っていない場合があり、その際は無理に準備することはないです。

できる範囲でやることが大事と考えていますし、運気を上げることばかり意識してしまうと、堅苦しい生活になるからです。それでも、パワーストーンを常に身に付けたり、風水で運気が上がる色の枕を購入したりなど、簡単にできることで毎日対策しています。

また、自宅が狭いのは仕方ないにしても、要らない物やゴミが多い状況では運気が下がります。整理整頓や掃除は得意ではありませんが、運気を上げるためには効果的なので、以前よりも力を入れて取り組んでいます。日常生活の中で地道に運気を上げる行動を続けたところ、交通事故に遭わなくなっています。

偶然が続いているだけの可能性はありますが、危険と感じる場面はほぼなく、運気の効果と考えています。

(交通事故に関する嘘とそれを証明する方法)

日頃からの行動で運気を上げましょう

交通事故に遭わないためには、細心の注意を払って慎重に運転することが大事です。ただ、それだけでは不十分なので他の対策を検討している場合は、運気を上げる行動を取りましょう。たとえば、ラッキーアイテムを身に付けたり、部屋を整理整頓したりなど、運気を上げるのは難しくありません。

ですが、続けなければ一時的になってしまい、運気が上がらなくなります。それでは交通事故に遭うリスクを下げられないことから、運気を上げる行動は日頃からできる範囲で続けることが大切です。

また、運気を上げるアクセサリーや財布、置物などを購入するのは問題ないですが、負担に感じるような金額の物は避けるべきです。高額な物を購入したからといって運気が急激に上昇するわけではないです。少しずつ上げてキープするのが理想的なので、地道に取り組みましょう。

もちろん、車の運転技術をレベルアップさせることも重要です。

得意ではないと感じている場合は、慣れるまで何回も反復練習が必要です。特に、運転免許を取得して以来、ほとんど運転していないペーパードライバーは操作方法やルールを部分的に忘れている可能性があります。そのため、普段から運転している人に同乗してもらったり、自動車学校でペーパードライバーの講習を受けたりなども検討すべきです。